最近笑ったこと

1.竹熊健太郎さんがみっけた『ジョン・ノレン』

  https://twitter.com/kentaro666/status/1405771292926644229/photo/1

2.ぎっばくん直筆『有難き仕合せ!!』

  本人曰はく、平田弘史先生の作品から引用とのこと。

3.『ソーイング・ビー3』司会のジョーのペンダント『PОW!!』

  女房が気づいた。

    Image20210618

 

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

   

 

| | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

ロシアンルーレット

「正しく恐れる」とはどういうことか。

  「コロナはただの風邪」と煽っていたのに
   感染して大騒ぎする輩には
   心底腹が立つ
   とにかくどうか
   早く良くなってください

「コロナはただの風邪」は「鬱なんか気の持ちよう」に似ている。
少し拡げると「LGBTは趣味の問題」に重なり、遂には「病気は自己責任」に辿り着く。

「風邪が元で亡くなる人もいる」とか「ならば、交通事故や癌で死ぬ人のほうが多い」とか、実はそういうことじゃない。「コロナはただの風邪」であって全然構わないのだ。というか風邪程度であってほしい、ほんとにそう思う。であったとしても、予防もできず、満足に治療も受けられない、この国の在り様が哀しい。信じられないくらい哀しい。

   ロシアンルーレットみたいな
   ウイルスに感染したら
   感染者本人が無自覚に
   ロシアンルーレットと化す
   恐怖

   周囲を
   家族や愛する人を
   無自覚に巻き込んでしまう
   かもしれないという
   恐怖

   感染リスク
   重症化リスク
   今やそれは
   リスクとは呼ばない
   恐怖だ

「またお茶飲みながら、おしゃべりしたい」「いつか手をつないでお散歩しようね」…、たったこれだけのことすら叶えられないかもしれない恐怖。充分に、正しく恐れている。

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

| | コメント (0)

ジャーナリズム

形勢が悪くなると、なんとしてもホームに持ち込んで有利に戦おうとする、見苦しい奴等。

   高飛車で
   高圧的で
   マウント取ろうと
   身構える
   臆病者たち

親愛なるJOC、自陣でなければ戦えない、ダメな奴等。   

   行くなと禁じるところへ出向き
   訊くなといわれたことを訊き
   書くなと脅されたことを書く
   それがジャーナリスト
   それがジャーナリズム 

GPS? 活動計画書?

そんなもん無視するにきまってるじゃん(笑)、ジャーナリストの名誉に懸けて。

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2021年6月 5日 (土)

押し売り

我々は殺されるね、たぶん。

   さあ皆さん
   オリンピック開幕です
   アスリートの活躍から
   勇気を貰いまししょう
   感動を貰いましょう

「伝わりにくい」「非公式」でも「参考とするものは取り込んでいく」…このご都合主義、笑う。

   この夏
   この国は
   強力な変異株「日本株」輸出大国として
   世界のど真ん中で
   咲き誇りまくります

日本すげー。武漢なんか目じゃないぜっ!

   希望や勇気は
   医療従事者や
   エッセンシャルワーカーの方々から
   もう十分
   貰ってますからっ! 

最悪なのは…。

   トップがクズ野郎だと
   システムがポンコツだと
   わかっていても
   どうにもしようのない
   この国の在り方

やっぱ、死ぬ前に殺されるな、こりゃ。

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

   

 

| | コメント (0)

2021年5月10日 (月)

させて頂くアスリート

大坂なおみに喝采を送った人が、この方を応援することは矛盾します。

  「私には何も変えることができない」と
   宣うアスリートに
   勇気と感動をねだる
   この国の人々
   後進国ニッポン

自分の言動に責任を持ちましょう。たとえこの国の政治家が腐っていたとしても。

   オリンピックに懸ける
   アスリートの声を聴くのならば
   いのちを守ることにいのちを懸けている
   医療関係者の声にも耳を傾けろ
   フェアじゃない

オリンピック云々の話ではない。協会や「上」の庇護の下、「させて頂く」ことで保身を図る、アスリートの風上にも置けぬ奴等。
  

 

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

   

 

| | コメント (0)

2021年4月24日 (土)

変えてはいけないこと

この社会には、変えてはいけないことがある。

   変わってはいけないことが
   変わってしまい
   変わらなければならないことは
   いつまでも変わらない
   人々はますます貧しくなる

改革、変革を叫び、結局なにも残せない。すべてを潰し去る。

   この社会には
   変えてはならないことが
   あるのだ
   守らなければならないことが
   あるのだ

憲法の条文を指すのではない。憲法意思を指す。

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

   

 

| | コメント (0)

バッハといえば

 いわずと知れた。

   バッハといえば
   音楽の父と呼ばれる
   ヨハン・セバスチャンを指す
   個人的な名声獲得に血道をあげる
   俗人のことではない

こういうのも面汚しというのだろうか。

 

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  

  よろしければクリックを↓

  

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

   

 

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

ロックンロール心中(Rock'n'roll Suicide)

もう、いろんなことに飽き飽きしてて。
しょうがないので、棚に手を伸ばして最初に手に触れたCDを聴こう……ったら『ジギー・スターダスト』。

クルマん中で聴いていて、ふと「あっ訳せそう」と思ってしまった……40年も聴いてきて今更「日本語訳」もないもんだが、ちょっとだけチャレンジ。

 

   ロックンロール心中
   (Rock'n' roll Suicide意訳)

   タバコばかり喫って
   時間を潰す
   きみは虚ろ 指から指 そして口元へ
   残響は 余韻となって やがて忘れ去られ
   きみはロックンロールと心中するつもり

   負け犬と呼ばれるにも すでに昔の面影はなく
   勝ち馬に乗るほどの値打ちもない
   それでも壁に掛かった時計は きみの歌を待っている
   カフェを通り過ぎ
   飢えも感じないくらい 年老いてしまったよう

   きみはロックンロールと心中したつもり

   シボレーのブレーキ音で 我に返り
   ふらふらと躓きながら通りを渡る
   朝になって 家路を急ぐきみ

   陽の光に晒されなくていい
   牛乳配達屋に心煩わされなくてもいい
   どれもこれも いつもの繰り返し
   終わりなき日常

   ああ きみ
   きみは ひとりぼっちじゃない
   自分のことばかり気にしてるけど
   それはよくない
   頭の中がこんがらがっているんだろうけど
   ぼくだけが きみを気にかけていられたら

   きみが どこの誰で 何をしていたとしても
   無数の刃物が きみの頭の中を切り刻もうとしていても
   ぼくは きみと 痛みを分かち合おう

   手を差し出して
   きみは美しい
   ぼくと向き合おう
   ぼくのほうへ 手を伸ばして
   きみは美しい
   きみの手を

 

   ※デビッド・ボウイ『ロックンロールの自殺者』より

 

【御礼】

 この翻訳(意訳)作業にあたり、たくさんの方の著作・作品を参照・参考させていただきました。とくに

 (故)岩谷宏さん

        宮台真司さん

 お二方の著作その他からは、いつもインスピレーションを頂戴し、ほとんどすべてを生きていく為の糧としております。今回はその「おことば」まで拝借いたしました。なにからなにまで、ありがとうございました。

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  

  よろしければクリックを↓

  

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

| | コメント (0)

«まともな狂気