« いちょうの樹 | トップページ | 冬の夜道 »

2007年12月16日 (日)

痛ましい事件の後で

銃を使用した痛ましい事件が続く。

     銃を
     規制することが
     正常なのか
     銃を必要とする
     社会が問題なのか

わたしにはよくわからない。わからないがひとつだけ。

     人を殺すこと
     人を傷つけること
     人を騙すこと
     とてつもなく
     とてつもなく易しい罪

|

« いちょうの樹 | トップページ | 冬の夜道 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

ざーす。ギッパです。そう、人を傷つけることはほんとうにたやすいですよね。誰でも自分の欲するままに動きさえすれば、それができちゃう。あたりまえの話ですけど、銃規制も、傷つける手段を抑制するだけであって、傷つけるというその行為自体を抑制することにはならない。その行為を抑えられるのは、その行為に及ばんとする個人の理性のみです。
私は、いまのところ人をアヤメたりキズつけたりするまいと思っています。が、これから死ぬまで、そうであり続ける自信はありません。生きていればいつかかならず、私の譲れない何かが誰かに突き刺さるだろうと思っています。逆もまた然り。私もまた、いつどこで誰に刺されるかわからない日々を生きてるんだ。…あまりにも人が多い、誰にも触れずに道を歩くなんて無理だって。

幸せの
無い世界なら
不幸せも
ないだろうと
灰色のクレヨン

食物に味がなく
性交に感じないなら
生きものは
不幸を知らぬまま
死に絶えるだろう

すっかり
葉が落ちたから
枝のあいだ
半眼の三日月
何をもお見通し

投稿: ギッパ | 2007年12月18日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 痛ましい事件の後で:

« いちょうの樹 | トップページ | 冬の夜道 »