« 記憶 | トップページ | 生きる糧 »

2008年2月25日 (月)

事故

事故が起こるたび、いつも思う。

事故を起こす/事故に巻き込まれた人間の心理や背景よりも、引き起こされた物理的な現象のほうがより重大だと。現代に起こりうる事故って、それが巻き起こす物理的な破壊力というか事象・結果があまりにも大きすぎる。人間なんてひとたまりもない。「なぜこんなことが起きたのか」よりも、起きた結果の大きさ(悲惨さ)で、注目度が決まる。

     倒れ
     轢かれ
     潰れ
     押され
     流されて

|

« 記憶 | トップページ | 生きる糧 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 事故:

« 記憶 | トップページ | 生きる糧 »