« 安息 | トップページ | 覚悟と云わずば決意と云おうか »

2008年2月23日 (土)

エコロジー

所詮、人間が人間の都合で考えたことであるから。

     ドブ川に
     コンクリートで
     蓋をした
     何を流しても
     気にしなくなった

     水にも
     酸素にも
     命にすら
     価格に差のつく
     社会の有様

まあ、いずれバチ当たるんだろうな。

     時間切れ
     失格となるまで
     この星に
     あとどれくらい
     残されているのだろう

     

    

|

« 安息 | トップページ | 覚悟と云わずば決意と云おうか »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エコロジー:

« 安息 | トップページ | 覚悟と云わずば決意と云おうか »