« 信者 | トップページ | 無差別殺人の「無差別」について »

2008年7月24日 (木)

地震

大きな地震が続くねえ。怖いねえ。といいながら、積極的には、ほとんど備えをしていない。それがあまりにも巨大なものなら、人間の手には負えないものだろうし…と、半分諦めている、というか高を括っている。

悲惨な被害状況をメディアを通じて見知っていながら、なんとなくシリアスになれないのも、実は「こんな世界崩れてしまえ」と、どっかで思っているからかもしれない。「こんな世の中どうなってもいいや」という厭世観、諦観…、あくまでも私見ではあるけれども。

とはいえ、いささかの義務感もあり、事が起きた時の為、家族や近しい人たちとのアクセス方法を一応は考えなきゃならない。某大手警備会社の営業さんが云うには、やっぱり携帯メールが「便利で確実」なんだってさ。ふーん。災害時に便利っていうのもなんだが、ねえ。

もちろん被害に遭いたくはないし、ましてやそれで死にたくもない。なによりも家族や友人、近しい人たちが巻き込まれてほしくはない。そう願う。

今回の地震で被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。

|

« 信者 | トップページ | 無差別殺人の「無差別」について »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震:

« 信者 | トップページ | 無差別殺人の「無差別」について »