« 遅刻するわたし | トップページ | 飢饉への寄金 »

2008年7月 7日 (月)

価格の優等生

日曜の朝、近所に古くからある養鶏場の直売店へ。
店番のおばちゃんが申し訳なさそうに「ごめんね~値上げしたのよ~」と作り笑顔。「ああ、しょうがないよねーこの御時世」と負けずに天を仰ぐ仕草。

     燃料はもとより
     たまごも値上げ
     どこまで昇りつめるのか
     この物価高
     人間の驕り

一袋買って家に向かう。ひとつふたつ減らされたたまごの数。気のせいか持つ手が軽い。つり銭を握り締める。

     これほどまでに
     生きにくい
     今宵どれだけの人が
     跪き捧げるであろう
     ゲッセマネの祈り
   

|

« 遅刻するわたし | トップページ | 飢饉への寄金 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 価格の優等生:

« 遅刻するわたし | トップページ | 飢饉への寄金 »