« 地震 | トップページ | 実の子でも他人 »

2008年7月24日 (木)

無差別殺人の「無差別」について

このところ「無差別殺人」と呼ばれる事件が相次いでいる。どれをとっても被害者の方々にとってはお気の毒としか言いようのない、とんでもない事件だ。

この「無差別」ということば、犯人は文字通り「無差別」に事を運んだか。とんでもない!「誰でもいい」と云いつつ、抵抗されずに、あくまでも「狙いやすい」人たちをターゲットに襲撃しているではないか!間違ってもK1レスラーに挑んだり、相撲部屋やヤ○ザ屋さんの事務所に飛び込んでいったりはしない。

     無差別なんて
     とんでもない
     奴らはずる賢く
     卑劣な欲望を
     遂げる          

明らかに、狂った殺意を実現すべく、襲撃しやすい人たちに狙いを絞り、より実行しやすい時と場を選んでいるじゃないか。これを「差別的」と云わずしてなんと言おう。周到とは云えずとも、そういう見込みを踏まえた計画に基づいて犯行に及んでいるのだ。幼稚な動機とあざとく卑劣な計画性。

もしわたしがそういうシチュエーションに巻き込まれたら? 絶対に反撃してやる。そんな奴らにむざむざ殺されるくらいなら、必ずや一矢報いてやる。「世の中甘くねえ」って本当の意味を思い知らせてやる!

|

« 地震 | トップページ | 実の子でも他人 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無差別殺人の「無差別」について:

« 地震 | トップページ | 実の子でも他人 »