« 生きることの不思議 | トップページ | 最高の歌とは »

2008年9月14日 (日)

ボブ・ディラン

よっこらしょっと。またも詩作に戻ってきた。けど、身体が鈍ってて、まだ口がまわらない。表現が舌足らず。

     帰ってはきたけれど
     まだまだ
     本調子とはいえないな
     鉛筆握ったまま
     ディランを聴く

たまに聴くと、というかたまに聴くから、よいのかな。そんなに相性がよくないのかもしれない、ディランとわたし。

     

|

« 生きることの不思議 | トップページ | 最高の歌とは »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボブ・ディラン:

« 生きることの不思議 | トップページ | 最高の歌とは »