« 迷作撰その2 | トップページ | カワラノギク »

2008年10月25日 (土)

恐慌真っ只中

…であるはずなのに、電車の中では、携帯電話(メール、ゲーム)に集中している若者、聞えよがしに馬鹿っ話を続ける学生、目を閉じて吊革に摑まって動かない中年男性…、世の中がどうあろうと動じない、つまり自分の生活態度を変えない人たちが日本には溢れている。

     世界が
     これほどまでに不可解で
     複雑でなかったら
     世界は簡単に
     終わってしまっただろう

そうなのだ、何が起こっても、世の中「それ」だけではないのだ、わたしには直接関係のないことだ、(かろうじて)今回もなんとか逃れられるはずだ、…などなど、日本はいまだに太平楽な「夢見る理想主義」国家なのだ。

わたしたちは、ここで生きていかなくてはならない。

|

« 迷作撰その2 | トップページ | カワラノギク »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 恐慌真っ只中:

« 迷作撰その2 | トップページ | カワラノギク »