« 知恵ある者 | トップページ | お人よし »

2008年10月11日 (土)

KEY OF LIFE

金曜の夜、電気料金が深夜時間帯になってから、洗濯とアイロンかけをはじめる。アイロンかけは、その週穿いたスラックス全部をこなさなきゃならず、これが結構な重(?)労働。この労働時間を少しでも楽しくしようと、帰り道でCDを調達するのがこれまた楽しみのひとつ。

今日はスティービー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』。説明要らないくらい「基本」のアイテム。

     何年
     何回
     聴き返しても
     古くならない
     感動できる音楽

しっかしレコード時代から何度も聴いていて、たとえば『愛するデューク』なんて何百回も聴いてるだろうに、いまだに中間のホーンのメロディとリズムなんて「どうやって思い浮かぶんだよ!」と感心する。

いまでこそ、モノマネ(というかありゃ形態模写の類か)の対象になるくらい「有名人」ではあるが、この頃、もしくはそれ以前、70年代初期の作品なんか、まったくもって形容できないくらい素晴らしい。こういうのを本物の才能というんだろな。これだけは誰にも真似できない。

めずらしいヴァージョン →

http://jp.youtube.com/watch?v=dKGQsdKHHH8&feature=related

|

« 知恵ある者 | トップページ | お人よし »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KEY OF LIFE:

« 知恵ある者 | トップページ | お人よし »