« 歴史 | トップページ | 迷作撰その14 »

2008年11月21日 (金)

『girlfriend』

夕べ久し振りに引っ張り出して聴いたマシュー・スウィートの名盤。

全然古くなってない、
というか、こういう時代を経ても普遍的な音は「シンプルさとメロディのよさ」だということを改めて認識。

     ギターとドラム
     シンプルなアレンジと
     メロディとコーラス
     これだけで
     名作が成り立つ    

しかし最近の御大、そこまで太っちゃ、ただのオタクだよ。二の腕のラムちゃんの刺青もシネマワイド版になっちゃった?!

http://jp.youtube.com/watch?v=UJdYVUkCDPg&eurl=http://pv.mickey.tv/video/79000/78979

 

|

« 歴史 | トップページ | 迷作撰その14 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『girlfriend』:

« 歴史 | トップページ | 迷作撰その14 »