« 迷作撰えーっと…その12! | トップページ | 迷作撰その13(ホラー編) »

2008年11月15日 (土)

依存心

「人柄のよいあの人がまさか…」とか「信頼できる人だと思っていたのに…」とか、欺かれた後から後悔することがある。けれどその人を信じちゃったのはこちら側、まるっきり責任がないともいえない。

     わかったわかった
     黙って俺についてこい
     なんて調子いい奴に限って
     肝心な時に
     頼りにならない

「騙されたい」なんて思ってないし、かといって「誰も信用しない」と頑なさを貫くこともむずかしい。となれば「契約」だとか「最高神」だとか、当人同士ではなく、客観的・第三者的な担保が必要となってくる。それを突き詰めてしまったのが米国か。

日本って欧米化が進行してるっていわれてるけど、振り込め詐欺にひっかかる人がこれだけ多いとほんとにそうなのかなとも思う。

 

|

« 迷作撰えーっと…その12! | トップページ | 迷作撰その13(ホラー編) »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 依存心:

« 迷作撰えーっと…その12! | トップページ | 迷作撰その13(ホラー編) »