« 家族とはⅢ | トップページ | 愛の断片 »

2009年1月18日 (日)

ピンチの時こそ…

「ピンチの時にこそ笑いましょう」と、NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』で茂木さんが云ってた。それができりゃあねえ。

     「ピンチの時にこそ
      笑うんだ」
     脳科学者の先生の
     ありがたいお言葉
     それができりゃね

昔、歌舞伎町で深夜バイトしてたとき、二丁目の「お姐さん方」とよくお話しした(というか「おしゃべりの相手をさせられた」というべきか)。

あの頃は今と違って、周囲の目がほんとに厳しく、迫害ともいえるくらい、たいへんな苦労をされた方が多かった。

でもその割に当人たちは、自分の被った仕打ちとかをあっけらかんと、笑い話のように話してくれた。相当な痛手であっても、上手にセルフパロディとして語って聴かせる、たいした人たちだと感心した。ご本人たちは楽しそうに語るのだが、内容が内容だけに、笑っていいものかどうか困ったものだ。それにしても、痛みを知る者のしたたかさ。

こういうお姐さん方こそ、ある領域の教育者にふさわしいと思うんだがどうか?!
え? なんか別の道に引きずり込みそうだって?! うーんその心配は確かにあるが。

     痛みを知って
     弱さに気づき
     それを逆手に
     したたかさを
     手に入れる

お姐さん方こそ、ピンチも笑って乗り越えられるタフガイ(笑)だ。

|

« 家族とはⅢ | トップページ | 愛の断片 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンチの時こそ…:

« 家族とはⅢ | トップページ | 愛の断片 »