« 早とちり | トップページ | 若者に夢を! 老人に労わりを! »

2009年12月19日 (土)

ディスコミュニケーション

職場で、ちょっとしたはずみで同僚と口論になったふたりのうち、一方の当事者に事情を訊く。

     でも
     わたしはこう思うんです。
     いや
     だからいま説明しただろ
     でもわたしはこう思うんです

口論の原因は他愛のないもの。
なるほどわかった。
だけどな、お互いを完全に理解しあうことなんかできない。
だから、考え方が違う相手であっても、とりあえず相手とうまくやってく努力をしなくちゃならないんだ。社会生活ってのは、自分以外とどううまくつきあってくか、なんだ、おまえはそのスキルを身につけなくちゃならない。

「でも…」、その子は聞き入れない。
「わたしは納得できない!」
「わたしが云ってることはまちがってますか?」
「わたしと彼女とどっちが正しいですか?」

     正しい
     まちがっている
     それで
     それだけで
     ひとを裁けるのか

また始まった。「正しい/まちがってる」の二元論。
その場では告げなかったけど、ここではっきり云おう(笑)。

おまえと相手と、どっちが正しかろうが、そんなことはどうでもいい。正しかろうと/まちがっていようと、その相手とどううまく折り合いをつけて、生産的な、といわずとも少なくとも最小限の摩擦のみで関係を保っていくことのほうが、わたしにとっては大事なのだ。

     人間は
     みんなちがう
     みんなちがうんだから
     よいことも悪いことも
     人それぞれ

     ちがう人同士が
     それでもなんとか
     うまくやってゆく
     それができるのが
     人間のはず

   

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« 早とちり | トップページ | 若者に夢を! 老人に労わりを! »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディスコミュニケーション:

« 早とちり | トップページ | 若者に夢を! 老人に労わりを! »