« 予算仕分け作業 | トップページ | 美人は得 »

2010年2月20日 (土)

監督責任

元横綱/朝青龍の泥酔暴行事件、スノーボードの国母選手の「服装の乱れ」…と、いわゆるスポーツ選手(相撲ってスポーツか?)の行動・振舞に対する批判的な見解を目にする。そんなに理解できないことかね。

わたしが子供のころは、かけっこが速いとか体がでかいとか、運動会や体育の時間に目立つような奴は、大概おつむ弱くて、自分でもよく自覚してるが故、それを補うべく身体能力を更に高める努力を積んで、なんとか周囲とバランスを保とうとしたもんだ。そういう「バランス感覚」が大事だという事を、親も教師も、友人たちもなんとなく理解していていたからこそ、うまく役割を分担でき、それぞれがそれなりに役立つことができた。いまは果たしてどうか。

「一芸に秀でる」だけでは物足りず、あれもできるならこれもできて当たり前、なんでも一人前以上になるのがアスリート(笑)の務め、とか、どう考えても不合理な理屈がまかり通っているように思う。

だいたいふつうよりちょっと運動神経がよいだけの坊やや、乱暴者のおデブちゃんに、日本代表としての自覚だとか横綱としての品格だとかを求めるほうがおかしい。そんなもん持ち合わせるだけの徳や理解力なんかあるはずないじゃん。

だから周囲の理解・支援が必要なんであって。世間知らずのガキには指導役や先輩が、相撲取りには親方が、「おめーちゃんとしなきゃだめじゃねーか !」と、言って聴かせて褒めて諭して(笑)やるべきでしょっ!

どう転んでも知的とはいえない輩に、なんとか世間体を取り繕って世話を焼いてやる指導・監督者が必要だし、現にいるじゃないか。そいつらの監督責任はどーなってんの?だろ、まずは。

     親方です
     指導者です
     インタビューの時だけ
     偉そうな
     そいつらの監督責任

しかし暴行事件を起こすまで放任しておく相撲部屋ってのも、なんだかな。あっ部屋ぐるみでリンチ○人が起きるくらいだからしょーがねーのか相撲界。

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« 予算仕分け作業 | トップページ | 美人は得 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 監督責任:

« 予算仕分け作業 | トップページ | 美人は得 »