« それでも民主主義?! | トップページ | ここちよい重み »

2011年2月27日 (日)

『LIVE!』

ボブ・マーリー&ザ・ウエイラーズの古典的名盤。「500円はねーだろ!?」と憤りながら中古盤屋で購入。以来一週間、車の中でのヘビ・ロテ。

      ほんものの音楽は
      時代を超え
      個人の感情や
      思いも超えて
      あなたを貫く矢

録音が30年以上前とは思えないなあ。その洗練性、説得力、一曲としてハズレなし。日本じゃレゲエって「癒し系」とか勘違いされちゃうんだけど、このアルバム聴くと、しなやかで力強いレベルミュージックだというのがよくわかる。確かにパンクやハードコア云々のように直情的な怒りの発現ではないけれど、怒りや悲しみを保ちながら、それでも生きろ/闘い続けろと、あくまでもポジティブに訴え続ける、内的な音楽なんだな、若い頃にはわからなかったけど。

   

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« それでも民主主義?! | トップページ | ここちよい重み »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『LIVE!』:

« それでも民主主義?! | トップページ | ここちよい重み »