« 手をつなごう | トップページ | 久しぶりに視聴完了 »

2011年2月20日 (日)

民主主義という罠

独裁政権を倒せば、即民主化が進み、国が平和で豊かになるという都市伝説。

     独裁者は倒れ
     民主主義が取って代わるのが
     歴史の必然という
     イデオロギーは間違いと
     歴史が証明している

     独裁政権が崩壊すれば
     民主化が進む
     民主化が進めば
     国は平和に栄えるとする
     現代の迷信

イラクを見よ。そうでなくとも今の日本を見よ。

     民主主義を
     信じるのならば
     政府の無策にも
     徹底的に
     つきあわなければならない

「これは革命です、感動して涙があふれます」とエジプト情勢をレポートするバカな記者よ。民主主義を語るなら、おなじ口で自国の現状を語れ、アホ!
    

     

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« 手をつなごう | トップページ | 久しぶりに視聴完了 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義という罠:

« 手をつなごう | トップページ | 久しぶりに視聴完了 »