« 助け合いの陰で | トップページ | 最低限度の協調 »

2011年3月19日 (土)

大相撲に続きプロ野球も…

なにを今更の感もあるが「セリーグ開幕ナイター強行」について。

     プロスポーツは
     弱肉強食の原理で動くが
     それを成り立たせている
     社会の原理は
     共存共栄である

「プロ野球が(被災者のみならず)観る者に勇気や夢を与える」?! そりゃいつの話だいおじいさん?? 時代錯誤も甚だしい。放送権や興行収益の利権狙いの、既得権益者のあざとい寝言でしかない。この計画停電下にナイターだって。やってみりゃいい。テレビ観戦もできなきゃ、球場へ行く交通手段もない、笑い話だ。

     「野球で勇気や夢を」というならば
     被災した仙台球場を
     すべてのプロ野球関係者が再建・復興し
     そこでオールスターOB戦だろう
     往年の名プレーヤーたちをひっぱり出せ!

長嶋、王、金田、江夏、張本、……OBが「俺たちだってがんばれる!」とプレーする姿なら、被災者ならずとも観たくなるだろう? 本気で考えりゃこのくらいのアイデアは出るし、当初の目的に対して遥かに効果的だ。

ただカネ儲けの機会を逃したくないだけなのに、「被災者の為」だの「国の活力に」だのおこがましいっ! プロ野球の人気が落ちる一方なのは、いまだにこのあたりのバカ老人たちが幅を利かしてるのも一因。大相撲みたいに「国民的」支持が得られなくなっても知らないからね(笑)。     

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« 助け合いの陰で | トップページ | 最低限度の協調 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲に続きプロ野球も…:

« 助け合いの陰で | トップページ | 最低限度の協調 »