« わがままな自由 | トップページ | あんなことがあった後で… »

2011年6月18日 (土)

無知でひ弱な…

この国は、もはや引き返せないところまで、来てしまった…というか、今回の震災・原発事故(への日本人の対応・反応)に接して、改めて「そうなっていたのだ」と気づかされた。

     善良で
     ナイーブな庶民には
     もはや戻れない
     過去や平和は
     最早消え去ってしまった

     かといって
     民主主義を
     正常に機能させる術を
     わたしたちは
     学んではこなかった

     無知でひ弱な
     庶民のままで
     甘えてはいられないのに
     民主主義を機能させる術を
     わたしたちはしらない

政治家を嗤うのは、自分の影を踏みつけるのとおなじ。我利我利の完了官僚や役立たずの政治家をどうすればよいか、どう処すべきか、それすら、わたしたちにはわからない。

ほんとうのところは、

     民主主義を
     正しく機能させるには
     何世代もの
     試行錯誤と経験の
     積み重ねが必要なんだきっと

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« わがままな自由 | トップページ | あんなことがあった後で… »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無知でひ弱な…:

« わがままな自由 | トップページ | あんなことがあった後で… »