« 推にするか敲にするか | トップページ | 運命共依存体 »

2011年10月 8日 (土)

実はだれも

「改革」なんて望んでいない。元の場所、なにも悩む必要のなかった昔に戻りたい、その一心。

     選挙カーで
     「このまちを
      改革してまいります」
     と呼びかける
     静かな田舎町

     この期に及んで
     選挙で
     「おねがいします!」はないだろ!?
     「いっしょに考えましょう!」
     「いっしょにやりましょう!」だろ

     かつて選挙は
     当選することが
     目的だった
     
     利益誘導が
     自明だったから
     
     

いくらか前向きに見えることばを発しても、「政治は議員がやるもの」との発想自体もう通用しない。ただそのことを投票する側も候補者自身も気づいていない。

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« 推にするか敲にするか | トップページ | 運命共依存体 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実はだれも:

« 推にするか敲にするか | トップページ | 運命共依存体 »