« 敗北主義 | トップページ | 老けこんだこの一年 »

2012年3月11日 (日)

なでしこの佇まい

実を云うと、どの選手も正直、選手にみえない、たとえば…

大野、海堀両選手、どうみても小学男子、しかもふたりともガキ大将。たぶん隣同士の学校で幅利かしてて、お互いを意識してて、しかも互いに避けてるの(笑)。

鮫島、近賀あたりは、地方の農協か役場の、地元じゃ美人で評判の窓口職員だな。大口のお客さんから複数縁談持ちかけられて困っちゃうタイプ(どんなタイプだ)。

川澄は、今風の顔つきじゃないんだよ、バブル期に第3志望の大学になんとか滑り込んで、地方から上京してきたばっかりのピッカピカの女子大生。これから化粧がうまくなるちょっと手前って感じ。

熊谷はあ、今年入ったばっかりの保母さん。口のきき方知らないのでお母さん方にはウケ悪いんだけど、園児にはものすごく人気あるの。

宮間、こういう面構えの子はね、アルバイトで雇うとすっごくよく働いてくれるんだ。愛想ないけど、機転が利いて、責任感強いから任せられるの。でも「自分のやりたいことがあるから」と1年くらいで辞めてっちゃう(笑)。あっ無表情な永里もこのタイプか。

澤、石清水、阪口は、幼稚園バスで帰ってくるこどもを、おしゃべりしながら待ってるご近所ママ友トリオ。澤さんちはこども3人くらいいて、しかも全員年子(笑)。

どの選手もみんな、(失礼ながら)それぞれのドラマ背負ってて、ものすごくいい顔してる…ってフォローにならんか。

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« 敗北主義 | トップページ | 老けこんだこの一年 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なでしこの佇まい:

« 敗北主義 | トップページ | 老けこんだこの一年 »