« 生活とカネ儲け | トップページ | 太陽の縁 »

2012年6月 9日 (土)

『むすめ』の時代

小娘が大手を振って闊歩する。いい世の中になったもんだ。

     生きているのが
     楽しくてしょうがない
     そんなふうにみえるよう
     化粧した娘たちが
     通り過ぎてゆく

     わたしたちを
     見分けるのは
     むずかしい
     なんにも残さないで
     消えてゆくから

     いつまでも
     年をとらない
     むすめの時代
     賢くなくていい
     責任取らなくていい

……なんか否定的だな、なにが気に入らないんだろ、わたしは。

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« 生活とカネ儲け | トップページ | 太陽の縁 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『むすめ』の時代:

« 生活とカネ儲け | トップページ | 太陽の縁 »