« 口唇期後期 | トップページ | 幸福は測れるか »

2013年2月17日 (日)

ブルーハーツ聴き直して

当時は自分自身も現役だったので、きちんと聴いたことない。

     いらないものが
     多すぎる
     かといって
     それらなしでは
     もう生きられない

無用のモノづくり。

     いらないものまで
     せっせと作って
     生きるためほんとうに
     たいせつなものにまで
     手が廻らなくなった

おそらく当人たちは「その時代」を歌っていたつもりが、実はあまりにも先取りしすぎていて、いまこそが似つかわしい、そんな歌がいくつもある。

     
     降る雨も
     吹く風も
     巡る波も
     この星では
     すぺて地続き

 

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« 口唇期後期 | トップページ | 幸福は測れるか »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーハーツ聴き直して:

« 口唇期後期 | トップページ | 幸福は測れるか »