« かなしきパスタ(試作) | トップページ | 問い続ける覚悟 »

2013年7月15日 (月)

おとなの味

味覚といえば「辛い」だの「苦い」だの確かに感じるが感覚としてはあるのだが、齢重ねるにしたがい、食べ物に「うまい」「まずい」は最早なくなってくる。好き嫌いを通り越して、食べること、食べられること自体が「ありがたい」としか感じなくなってくる。

     「うまい」
     「まずい」とか
     「好き」「嫌い」とか
     おとなはいわない
     ただ「ありがたい」

     おとなは
     もはや
     旨いまずいもない
     たべることは
     生きること 

 

 

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« かなしきパスタ(試作) | トップページ | 問い続ける覚悟 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おとなの味:

« かなしきパスタ(試作) | トップページ | 問い続ける覚悟 »