« りんご星人 | トップページ | 国民は憲法で国家(権力)を拘束する »

2013年7月 6日 (土)

逃げたがるおとこたち

過重労働気味のぎっぱくん、つぶやく。「もう生きるため欲求を満たすのも、『食べる』ことすら億劫だ」、救いはひたすら「眠ること」だけと。

     生きるために
     必要なことは
     死ぬために
     必要なこと
     どちらもつらい

すこし前の時代まで通用していた「家族」「老後」「未来」…ということば(価値観)は、彼ら疲弊したおとこたちにはすでに通じなくなっている。

     武装解除
     戦線離脱
     戦うまえから
     勝負はついている
     この負け戦

この「救いようのなさ」は不景気とか株価とか、そんなレベルの話ではない。たぶんこの国の未来を左右する「負け戦」のはじまりなんだ。

     より多くとか
     より速くとか
     数字が独り歩きしたら
     人間は
     太刀打ちできない

 

※人気投票(わはは)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« りんご星人 | トップページ | 国民は憲法で国家(権力)を拘束する »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逃げたがるおとこたち:

« りんご星人 | トップページ | 国民は憲法で国家(権力)を拘束する »