« 雪かき | トップページ | ノーリターン »

2014年2月22日 (土)

表現者たること

彼女はアスリートではなかった。ひとりの表現者だった。なぜ得点のみを求められる試合では精彩を欠くのか、なぜリスクのあるトリプルアクセルに拘るのか、最後のフリーの演技を観て、よくわかった。

     周囲の
     求めるものと
     自分のしたいことが
     まったく食い違う
     この孤独

フィギュアスケートになんかまったく興味のない、このわたしですら感動させる。そういう力をもった表現者なのだ。彼女にとって技術は手段のひとつ。得点の為でなく、伝えたいこと、表現の為に必要なだけなのだ。

オリンピックもメダルも、何某との競争とも確執とも、関係のない境地で、これからは挑んでいただきたい、自身の表現を高めてゆくことに。

一方で、好きなことを好きなようにほざく輩は、掃いて捨てるほどいて、同情にせよ批評にせよ、好きなように言ってろ、ではある。

     あんたこそ
     大事なときに
     いつも決まって
     失言ばかり
     見事に転ぶね(嗤)

「発言の真意は違う」とか擁護する向きもあるが、うざい。「間○けオヤジ、おまえこそ引退しろ」ではある。
    

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« 雪かき | トップページ | ノーリターン »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 表現者たること:

« 雪かき | トップページ | ノーリターン »