« じょんたま | トップページ | 野次る死 »

2014年6月 7日 (土)

いのちを処分する

そういう意味です。

     必死に
     生き延びようとするのは
     動物
     死にたいと願うのは
     人間だけ

自覚的に自殺願望のある、もしく自発的に死に急ぐのは人間だけだという説。

     必死に
     生き延びようとする
     動物も
     死ぬときは
     かならずひとり

ばあちゃんの飼い猫が、年をとってだいぶ弱ってきた。「ふらっと外に出て帰ってこなくなる」。猫は死に際をみせないというのが、ばあちゃんの持論。「きっと山の中に入っていって、静かな場所で」というが、そんな「山の中」なんて近くにはないよ。

「飼えなくなった」理由が、経済的なものだったり、単に面倒見きれないだの、飽きたからだの、犬や猫らペットは、まるでモノ扱い。自分がそうされると怒るくせに。

「わたしはそんなことしない、彼ら彼女らの寿命尽きるまで面倒見る!」そうは云っても、彼ら彼女らから、どう思われているか、人間にはわからない。

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

     
     

|

« じょんたま | トップページ | 野次る死 »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いのちを処分する:

« じょんたま | トップページ | 野次る死 »