« 早いもので… | トップページ | レシピ依存症 »

2017年12月 9日 (土)

おしらがみさま

合奏団のひとり、バスパートのM山くんが

「白髪、目立たないようにするには、どーしたらいいんでしょうねえ…」と、わたしの隣で呟く。そう言われて改めて、よくよく彼の頭を見れば「おお、いつの間に((笑))」、10年前にも確かちらほら覗いてたはずだが、今や黒髪よりも白髪の占める面積比は8割にも及ぶだろう。

「あはは、気がつかなかった。女の子の髪ならともかく、隣で演奏してるオッサンの頭髪なんて、気にしてないよ」「(目立たなくするのは)簡単だ、全部剃っちゃえ」「いや白髪に染め直しちゃえばいいんだよ、そうすれば『目立たな』くなる」…と、メンバーは冷たい。

M山くん、きみもそういう年齢なのだ。10年前の「若白髪」ではなく、これからは本白髪として次から次へと生え変わる、きみも年を取ったのだよ。

     会社の
     トイレの洗面所で
     誰もいないことを
     確かめて
     白髪を抜く

M山くんほどではないが、わたしも気にしているのだった。

 

     監視モニターを見やると
     どこかで見た中年男
     しかめっ面で怪しげで
     よくよく視ると
     じぶんの姿だ

年齢を重ねるいうことはと、自分のほんとうの姿を見失うこと。

     年齢を
     重ねると
     自分自身の
     ほんとうの姿を
     見失う

 

 

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« 早いもので… | トップページ | レシピ依存症 »

大人の五行歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おしらがみさま:

« 早いもので… | トップページ | レシピ依存症 »