« VIVA! 冬木透! | トップページ | ワンツー、スリフォ、ワンツー、スリフォ »

2018年4月 8日 (日)

『女人禁制』に開き直れ!

『女人禁制』の何が悪い?! 神聖な土俵を維持する為に『穢れ』は祓わなければならないのだ、相撲は神事であり、国技であり、日ノ本の國の伝統だ…と、開き直る覚悟、多くの「民主主義的」「フェミニズム」「云々主義」的主張に媚びることなく、それでも相撲(の価値)を擁護するだけの覚悟、認識が、相撲協会ならびにその周囲の輩にはまったくないようだ、情けない。

そもそも「相撲は健全なスポーツだ」などとほざく、親の七光り小僧にかき回される程度の、外人力士に横綱独占されて「国技として恥ずかしい」などと零す程度の、似非伝統主義者、お笑い愛国主義者に、「近代至上主義」「民主主義」批判など望むべくもないが、ね

個人的には「たかが相撲じゃねえか、『国技』なんて偽り看板捨てて、歌舞伎並みの大衆芸能として、本来の正しい『興業』に戻ればいいじゃねえか」と思ったりする。まあどうでもいいんだけどさ。

でね、本題。このバンド。

  https://www.youtube.com/watch?v=zXdM1rqSlSQ

これもさ、まさに「まさにツェッペリン!」なんだけど、これって「伝統文化」っていうの?! ロックミュージック60年の歴史……って、書いてて、なんか笑える。

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

|

« VIVA! 冬木透! | トップページ | ワンツー、スリフォ、ワンツー、スリフォ »

社会・出来事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『女人禁制』に開き直れ!:

« VIVA! 冬木透! | トップページ | ワンツー、スリフォ、ワンツー、スリフォ »