映画・テレビ

2019年5月25日 (土)

ウルトラマンは「神」ではない

先日、友人と交わした会話。「結局、ウルトラマンて、神でしょ?」

?? なにが結局だよ。

アルカイックスマイルが云々と、超人がどうたらと、それらこそが「神である証拠」なのだそうだ。なんじゃそりゃ?!

菩薩像譲りのアルカイックスマイル? それがどうした、似たような「微笑」ならばモナ・リザだってそうだ。しかも「菩薩」じゃねえか、「神様」の系列じゃねーよ。

超人イコール神? ハルクはどーする?
バロム・ワンだって、もともとはたけしとけんたろーだぞ。しかも二人の間の「友情」が壊れたままだと変身できないんだ。
しかし怪人どもが暴れているのに変身できないって、脅かされる生命や平和よりも大事な友情ってナニ?!


ではウルトラマンとは何か。

古谷敏『ウルトラマンになった男(小学館)』、遅まきながら読了。初代ウルトラマンの「中の人」の本(わたしにとっては『ウルトラセブン』ウルトラ警備隊のアマギ隊員)。

もともと望んだわけでもない配役、「中の人」を続けるうちの葛藤、慣れない着ぐるみ・特撮という特殊な環境下での誰も経験したことのない疲労・体調不良、特撮特有の「恐怖」との戦い、それでも期待に応えようと演じ続ける使命感…が、誠実そのものの口調で淡々と語られる(まさにアマギ隊員(涙))。

撮影開始以降、減り続ける体重、マスクを通しての視界は想像以上に狭く、独りではまっすぐ歩けないことも。水や炎、爆発・爆風の危険、それを物ともせず、撮影に怪獣に立ち向かう覚悟。演技を終え、着ぐるみを急いで脱いで、スタジオ裏に走り、胃液吐くほど嘔吐する…。

そうだったのか、ぼくらを守る為に脅威に立ち向かい、最後には胸を張り、空へと飛んでゆくウルトラマンは、画面の裏で、そんなにも悩み苦しみ、それでもぼくらの夢の為に、まるでなにかに突き動かされるかのように闘ってくれていたんだね。

ウルトラマンのすこし猫背のファイティングポーズ。そこに、恐怖と使命感のはざまで葛藤に苦しむひとりの青年の姿を見る。

ウルトラマンは神ではない。ウルトラマンは、その内に葛藤を抱えながらも、懸命に生きる「人間」だ。だからわたしはウルトラマンが好きなのである。

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

  よろしければクリックを↓

 

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019年1月20日 (日)

『犬ヶ島』に連れて行け

いやあおもしろかった。

できるだけ事前情報は仕入れないつもりだったが、望月ミネタロウ先生がコミカライズとあっては矢も楯も堪らず……コミックス買っちゃいました、視る前から(涙)。

半端ない情報量をぶち込んでるにもかかわらず、ストーリーはシンプル。E・ノートンとかS・ヨハンセンとかひと声でわかったけど、オノ・ヨーコはわからなかった。

W・アンダーソン、変だけど好き。

 https://www.youtube.com/watch?v=gSbq0xcX98s

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

怪獣の気持ち

最近改めてハマりました『ウルトラ怪獣散歩』、テーマ曲が泣けます(笑)。

 https://www.youtube.com/watch?v=s2ZvYn12mY0

これいずれ、ぎっぱくんとデュエットします。

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

ワンツー、スリフォ、ワンツー、スリフォ

で、おなじみの「ウルトラセブン」の挿入歌『ULTRA SEVEN』、

今回CDでよぉ~く聴いて判明したんだが、「…スリフォ」の後にかぶってくる「ウルトラ~(2番は「レッツゴー」)」の裏で、「ファイブ、シックス」って歌ってた。で「セブン」で重なるの。

 https://www.youtube.com/watch?v=UQoG16P_lh4

いやーこの40年気づかなかったってのも間抜けだよなあ。

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

VIVA! 冬木透!

VIVA!とくれば、ROXY MUSICではあるが(古いか)、中古盤屋で『ミュージックファイルシリーズ ウルトラセブン』手に入れる。ギターアンサンブルで『ウルトラセブンの歌』アレンジして演奏しようと思い立ったのがきっかけではあるが、いやあ冬木透先生、凄いっ!

  http://www.vap.co.jp/goods/1361936174426

48話中に流れるあの曲やこの曲、そのほとんどが冬木作品である。収録曲にはホーク1号の飛行音とか、曲?と首をひねる効果音も混じるが全72トラック、『ノンマルトのテーマ』とか『十字架とセブン』とか、思わず聴き入ってしまう。

たとえば『地球最大の危機』と名付けられたオーケストレーション、最終話の壮絶な破壊シーンなど、この曲なしでは成立しない。

   https://www.youtube.com/watch?v=7LrMwpgqd5g

『哀惜のバラード』と呼ばれるこの曲、モロボシダンの孤独、葛藤するシーンに使われるが、そうした心理描写のみならず、シーンの転換、全体の空気感をも支配してしまう。

  https://www.youtube.com/watch?v=39f30uYgN5o

何十年も前のテレビドラマにも拘らず、印象に強く残るシーンは、そこに流れる音楽と共に脳裏に焼き付いている。たかが怪獣モノ、子ども向けとの誹りはいつの時代も付いて廻るものだが、あの時代の「子供」番組、殊『ウルトラセブン』においては、作り手の制作に向かう本気度、真剣さが伝わってくる。予算の少なさを言い訳とした「使い回し」「手抜き」など、まったく感じられない。

まして、稀代の天才が「知っていること、勉強してきたことをフル稼動(インタビューより)」させ創り上げた(作曲なさった)作品である。もはやわたしの人生の一部と言い切ってもいい。

  https://www.youtube.com/watch?v=M4sjh8qy-rE&list=PLsB7Vz-1aOVnAfQsJ8xxyCKwIVRpeLKnA

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月19日 (月)

ダン!

「『ウルトラマン』放送50周年」とあって、それでも今も視直しているのは『ウルトラセブン』だったりする。

感動の最終話『史上最大の侵略』は勿論のこと、お伽噺を思いっきりシリアスに現代版にアレンジした『ノンマルトの使者』、意外な強敵に立ち向かう『勇気ある戦い』…、どれも未だ見応えのあるエピソードだ。お気に入りは、マゼラン星人マヤとダンの、それぞれの孤独がすれ違う『盗まれたウルトラアイ』。

思うに、このドラマ、タイトルである『セブン』ではなく、仮の姿であるモロボシ・ダンこそが主人公である。ダンの純粋さ故の苦悩、無力感、孤独…、そしてそれらを背負って闘う姿。

なによりも、心打たれるのは、彼の利他的な振る舞い。「共に生きよう」と呼びかけ、裏切られ、傷つき、それでも信じ、見返りを求めず、何度も哀しい戦いに立ち向かう、モロボシ・ダンという青年の姿。彼の最後のことば(台詞)は「アマギ隊員がピンチなんだよ!」。そうして最後の戦いに臨む。

確かにヒーローは『セブン』だろうが、わたしの心に今もあるのは、「血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ」と絶句する、応答のないペガッサ市に必死に避難を呼びかけ続ける、モロボシ・ダンの姿である

何度もウルトラアイを盗まれるし、しょっちゅうケガをして包帯を巻かれている、宇宙人とは思えないモロボシ・ダンは、あまりにナイーブで、弱く、悩み続ける青年である。子どものわたしたちが「もし自分がダンだったら…」「ダンだったらどう思うだろう、どうするだろう」と自身と比較するロールモデルとすることができた、それは今でも続いている。

わたしたちはモロボシ・ダンの弟であり、息子である。そうありたいと今も思っている。

 

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 3日 (土)

絶賛すなっ!(ネタバレ注意) 

『シン・ゴジラ』観た。

エンディングタイトルロールに『オチビサン』とあり、訳もなくツボにハマり、腹抱えながら出口へ。なんであんなに笑ったんだろ。

ぎっぱくんと互いに「おもしろかったな」「仕事サボって観た甲斐あったな」、そう、それはよかった。

帰りの電車の中で反芻する……、

あんなチンケな国会議員もどき、クソ官僚ども、自衛隊だのUSアーミーだの……、すべてすべて、殺しちゃえよ。殺しちゃっていいんだよゴジラ!

熱核兵器にも倒れず、却って更に強大化するなり、多頭に分裂するなりで、こんな国、こんな星すべて焼き尽くしちゃえ。『SIN・ゴジラ』だったらどれほど救われたろうに。 

とにかく、こんな形のエンディングじゃ、またも「事実は小説より」ならぬ「現実は映画よりも奇なり」って3.11以上に「世界」の側から思い知らされる。自然の驚異なんかじゃなくても、完全生命体でなくてもいいんだよゴジラ。神の如く、須らく焼き払うべし。

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

『まぼろしの雪山』のリアル

放送開始から50年も経った『ウルトラマン』。NHKですら特番を組むくらいの人気再燃…とはいえ何度目だよ。

このウルトラマンはじめ、シリーズには名作とされる放送回がいくつもあり、この『まぼろしの雪山』もそのひとつと数えていいだろう。

以下、ぎっぱくんへのEメール内容の抜粋。仕事しないで、こんなことばっか(メールで)喋ってる。おまけに来週は『シン・ゴジラ』観に行くのよ、ふたりして。

  ……略……

  なぜ怪獣ウーは、ウルトラマンとの交戦中に消えてしまったのか、
  ユキが死んだ(殺された)からに決まってる。

  被差別者が迫害に苦しむ姿を見て、
  ヒトならぬ超越的存在が
  (この回の場合、山の神が、でも死んだ母親の魂が、でもいいや)
  怒り、迫害した者たちを懲らしめる。

  でも哀しいかな、この存在は、被差別者を庇護する訳ではない、
  あくまでも迫害者を討つ、のみ。この国のいろんなお話に共通する悲劇。
  大魔神然り、平成ガメラ3部作もこれに近い。

  ユキの飼っているウサギはその繊細さの象徴。
  仮に猟銃で撃たれるとか、直接危害を加えられなかったとしても、
  猟師や村民に追われ迫害を受ける過酷な境遇の中、
  ユキはいずれその短い生涯を閉じたであろう。

  追い詰められたユキが死んだ(あるいは殺された)とき、
  ウーは戦うべき理由を失う。自らの存在意義を失ったのだ。

  番組のラスト、
  アラシやイデは「ユキ(および一連の事件)は幻影」「美しいまぼろし」と、
  あたかも現実では「なかった事」のように扱い、ハヤタも何も語らない。

  こうしたプロットに沿って、超越的存在はモンスターとして位置づけられる。

  ……略……

わたしがリアルタイムで視聴できたのは『ウルトラセブン』からだったように思うが、『Q』『マン』『セブン』は特に、子供向けとしてだけでなく、大人の鑑賞に堪えうる内容が多かった。しかも役者それぞれの演技が洗練されていて、素晴らしかった。

この『まぼろしの雪山』、あるいは『故郷は地球』のイデ隊員。彼の言動は(物語のなかの演技ではあれ)いまだに心に残っている。一流の役者が真剣に演じていた。…これについては別項に改めたい。

さてさて、『シン・ゴジラ』である。わたし自身、期待はさほどないが、ぎっぱくんは、某学会員との噂高い出演者のナントカさとみに期待しているらしい(なにを、だ?)。

来週行ってきます。

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月14日 (木)

コングレス中島会議

「ペン」の取れたロビン・ライト、久し振り。『フォレスト・ガンプ』から何年経ったか。

「ブラックユーモアが…」「ハリウッドをコケに…」と表層はともかく、アリ・フォルマン監督作品、前作『戦場でワルツを』に続き、内容は底知れず深い。

人間は「世界」とどう関わりあうのか、人間は「世界」との関係をどう取り結ぶのか、否そもそも「世界」は、人間の、実存の認識様式(に縛られた観念)そのものなのか…。実写とアニメが行きかう映像は、まさしく胡蝶の夢ならぬ「悪夢」。

ぎっぱくんは、ネットで中島義道センセの人生相談(苦笑)読みながら、白髪が増えたと呟く。

http://toyokeizai.net/articles/-/34066

     哲学に
     傾くほどに
     リア充は
     遠ざかる
     白髪ばかり増える

映画を観終わった翌日、電車の中でセンセの著作『非社交的社交性』読みふける。人身事故で京浜東北30分待ちにも気づかず。

https://www.youtube.com/watch?v=Q0oIoR9mLwc

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

ふたりの金子

映画監督でもプロ野球選手でも、ましてや「味噌の金子(ラーメン屋)」でもありません。

金子光伸と金子吉延、往年の子役おふたり。

『悪魔くん』『河童の三平/妖怪大作戦』『仮面の忍者赤影』『ジャイアント・ロボ』。この4本のTV番組に、お二方はそれぞれ出演され、われわれ60S世代はそれぞれに強い印象を受け、多くが未だに忘れがたい。

わたしなど、これらの番組で展開される物語はすべて「事実」という受け取っていたし、40年以上経た今でも(自分の身に起きた過去以上に)記憶に残っている。

一つ目マネキンに襲われる悪魔くん、黒髪魔女に追われる三平くん、ギロチン最後の日の大作くんの涙……史実や現実を飛び越えて、リアルそのものだった。というかマジ「怖かった」し「悲しかった」のだ。そこで経験した「感情」、それは現実と同等、というより現実と虚構を飛び越えて、強烈でリアルな体験だった。『河童の…』なんて、放送回によっては、あまりに怖くて、裏番組にチャンネル廻しちゃったもんな、今考えるともったいない。

悪魔くん、三平くん、青影、大作くんは「天才子役」でも「ヒーロー(そもそもそんな呼び方しなかった)」でもなんでもなく、いつも共にいる友達であり、まかり間違えば自分自身が立場を入れ替わるかもしれない存在でもあった。

光伸氏は既に鬼籍に入り、吉延氏は60歳を超えたと聞く。

当然わたし自身も年をとる。「ユニコーン(国連秘密警察機構)が…」とか「金目教が…」とか口走ることもなくなったし、毎日のように番組(今となっては記録媒体を通じて)を視聴することも少なくなった(ってことは「ときどき」は視てるのか(笑))。

だけど、たぶんこれからも、この「ふたりの金子」と共に経験した事件や怪異、「現実」と「感情」を忘れることなく(忘れることはできない)残りの人生生きていくのだろう。

 

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

  よろしければクリックを↓

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧