社会・出来事

2022年2月11日 (金)

スポーツ以外のもの

オリンピックって、何をいまさらって。

   そもそも何故
   スーツ規定とか薬物検査とか
   謝罪が必要なのか
   スポーツにスポーツ以外のものを強請る
   意地汚さがみえる

   そもそも何故
   スーツ規定とか薬物検査とか
   謝罪とか必要なのか
   スポーツにスポーツ以外のものを欲張る
   意地汚さがそこにある

彼女が「わたしは悪くない!」って開き直っても、世の人はそれでも彼女を擁護するだろうか。

   誰かの人生を
   書き換えることができるとしたら
   それはあなたじゃない
   否応なく導かれてしまう
   運命というものだ

チームで仕事するってのは、そういうことだもの、運命共同体。

誰が悪いとか連帯責任とか、まったく関係ない。運命を共にするってのは、運命に身を任すってこと。

   勝敗なんか気にしない
   この国を背負う必要はない
   あなたのせいじゃない
   そのことばこそが
   彼女に圧しかかる

あたりまえだが、彼女に責められる謂いはない。罪なき者のみ石持て打て、だ。

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

論破ルーム

なんだろうって、ずっと思ってきた。

   ロンパロンパって
   ロンパールームのことじゃなかった
   相手を言い負かすことに血道をあげる
   幼稚な席取りゲームだった
   はい論破

脊髄反射ともいう。

人間がものごとを考える、ものを思うということは、どうしたって物理的な時間、空間に依存せざるを得ず、より深く/より遠くまでとなれば、相応の時間的/空間的奥行きを必要とする。

   人間は
   時間と空間に
   閉じ込められた
   可能性という
   存在

もちろん「一瞬」という飛び越え方もあるにはある、が、それには(逆説的に)相応の時間と空間を前提とする。「飛ぶ」ために訓練を重ね、助走を取り、更には強靭な肉体と精神とを必要とする。

   論破で世界は終わらない
   たくさん思い
   たくさん考え続けても
   世界は
   わからないことだらけ

こうした人間がそこここに蔓延るのは、やっぱそれを許している国民が悪い。

   偉い人が云うからしかたない
   と言い訳し
   偉い人の云うことは信じない
   と隣に同調する
   やっぱり国民が悪い

つっこみどころ満載だ(笑)。まず「偉い人」って誰? なぜ「偉いの?」、そして「偉いってどゆこと?!」。

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2021年8月 8日 (日)

もののあはれ

政治家なら誰でもいいんだが。

   スカとかアへとかを挙げて
   年よりなんか死んじまえと言う
   自己責任
   自業自得ではあるが
   なんだか哀れでもある

「二回とかASО」でもいいし、「木林とかK村」でも入れ替え可能。   

 

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

   

 

| | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

ロシアンルーレット

「正しく恐れる」とはどういうことか。

  「コロナはただの風邪」と煽っていたのに
   感染して大騒ぎする輩には
   心底腹が立つ
   とにかくどうか
   早く良くなってください

「コロナはただの風邪」は「鬱なんか気の持ちよう」に似ている。
少し拡げると「LGBTは趣味の問題」に重なり、遂には「病気は自己責任」に辿り着く。

「風邪が元で亡くなる人もいる」とか「ならば、交通事故や癌で死ぬ人のほうが多い」とか、実はそういうことじゃない。「コロナはただの風邪」であって全然構わないのだ。というか風邪程度であってほしい、ほんとにそう思う。であったとしても、予防もできず、満足に治療も受けられない、この国の在り様が哀しい。信じられないくらい哀しい。

   ロシアンルーレットみたいな
   ウイルスに感染したら
   感染者本人が無自覚に
   ロシアンルーレットと化す
   恐怖

   周囲を
   家族や愛する人を
   無自覚に巻き込んでしまう
   かもしれないという
   恐怖

   感染リスク
   重症化リスク
   今やそれは
   リスクとは呼ばない
   恐怖だ

「またお茶飲みながら、おしゃべりしたい」「いつか手をつないでお散歩しようね」…、たったこれだけのことすら叶えられないかもしれない恐怖。充分に、正しく恐れている。

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

| | コメント (0)

ジャーナリズム

形勢が悪くなると、なんとしてもホームに持ち込んで有利に戦おうとする、見苦しい奴等。

   高飛車で
   高圧的で
   マウント取ろうと
   身構える
   臆病者たち

親愛なるJOC、自陣でなければ戦えない、ダメな奴等。   

   行くなと禁じるところへ出向き
   訊くなといわれたことを訊き
   書くなと脅されたことを書く
   それがジャーナリスト
   それがジャーナリズム 

GPS? 活動計画書?

そんなもん無視するにきまってるじゃん(笑)、ジャーナリストの名誉に懸けて。

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2021年5月 8日 (土)

お尻痛い

いつどこでだったか思い出せないのだが、お尻、というか尾てい骨を何かにしたたか打ち付けて、以来お尻が痛い。

   痛みで
   腰掛けるのも
   腰をかがめるにも
   難儀する
   不自由さとの出会い

リベラリズムにおける公共性とは「入れ替え可能性の確保」だとか、何かで読んだ。

   一時的にも
   不自由な身体になって
   改めて知る
   不自由な社会
   不自由な慣習

連休中はほとんど寝て過ごす。おかげで読書が進む。

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

   

 

| | コメント (0)

2021年4月24日 (土)

変えてはいけないこと

この社会には、変えてはいけないことがある。

   変わってはいけないことが
   変わってしまい
   変わらなければならないことは
   いつまでも変わらない
   人々はますます貧しくなる

改革、変革を叫び、結局なにも残せない。すべてを潰し去る。

   この社会には
   変えてはならないことが
   あるのだ
   守らなければならないことが
   あるのだ

憲法の条文を指すのではない。憲法意思を指す。

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

   

 

| | コメント (0)

2021年3月21日 (日)

不都合な復興

中国は、オリンピック、やるってよ。

   帰れない家は
   いつまでも
   待っていてはくれない
   残酷な
   科学的事実

   復興が
   物理的痕跡のみならず
   確かにそこにあったという
   その気配すら
   打ち消してゆく

人間の思い上がり、したり顔。

   神様
   仏様
   ご先祖様
   科学なんぞを信じてしまい
   申し訳ございません

   信仰の対象が
   神様から
   科学へと
   入れ替わっただけ
   中身は野蛮なまま

もう遅い、遅すぎる。

   みんな気づいている
   もう戻れない
   あの頃には
   この町に
   雨が降る

さようなら人類。お疲れ様(楳図かずお『14歳』より)      
   

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

   

 

| | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

急所を突く

差別主義者に「差別するな」と言っても、非難したことにならない。

「政治的、経済的、社会的、文化的、市民的その他いかなる分野においても」ってことは「あらゆるイデオロギーを援用しても」と言い換えることができる(笑)。

   女性差別主義者は
   男らしくない
   言い訳ばかりの
   女々しい奴
   女の腐ったような輩

換言すると

   女を差別する奴ぁ
   男らしくねえ
   言い訳ばっかし
   女々しい奴ら
   男ドブス水島牛次郎(©赤塚不二夫)

奴らが最も気にするところを突く(笑)。更には

   自己責任を
   言い募ることの
   無責任論者
   陰謀論を否定する
   陰謀論者

などなど、如何様にも拡張できる。

 

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

   

 

| | コメント (0)

2020年12月12日 (土)

なぜ日本だけ?!

「民主党時代の悪夢」がアへ・スカ政権で現実化した。

   ドイツには肝っ玉かあさんが
   NZにはワンダーウーマンがいて
   なんで
   日本の首相は
   ぬらりひょんなんだ?!

メルケルかあさんの訴えなら、そりゃ聞かざるを得ん。

アーダーンさんは、優しい(易しい)ことばで誰にでも語りかける。

ワンダーウーマンのガル・ガドットだって(たしか)子持ちだぞ。   

何が悲しくて、この国の政治家は……。

 

https://www.youtube.com/watch?v=Jg7mmEGZpo0

https://www.youtube.com/watch?v=gkDkY2BKYcs 

 

   

※人気投票(苦笑)にご協力ください、

 

   

  よろしければクリックを↓

 

   

    にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ
    にほんブログ村

 

   

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧